Vol.003 キャンプラビットにて
私はキャンプ場が自然だなんて思わない。

自然のままの場所がキャンプ場であるはずがない。


本当の自然なら、野っぱらか手付かずの山林だ。


キャンプ場には必ずディレクターがいる。

そのダイレクションに従って創作される。

そして必ず「自然を最大限活かして」創造される。


キャンプ場は、大いなる不自然であり、人工の創造物。


しかし同時に、人の手を介した「至高のナチュラルアート」なのだ。
Copyright © SAM All rights reserved since 1st Dec. 2001